腰痛が続くなら|痛みとの闘いに終止符を!

医者

検査キット利用で健康管理

女性

検便検査は、便潜血・腸内細菌・寄生虫を調べることが可能です。最近では自宅で簡単に検査できる検便検査キットが人気です。自分の好きな時に検査が出来、宅配便などの利用によりより早く結果を知ることが出来ます。日々の健康管理に手軽に利用するといいでしょう。

もっと読む

腰の痛みを予防する

看護師

重い物を持ち上げる時

重い物を持ち上げる動作は、腰痛になる原因になるので、注意が必要です。重い物を持ち上げる時は、腰への負担が大きいので、腰を曲げないように、気を付けなければいけません。物を持ち上げようと、中腰で前かがみになる態勢が、いちばん注意が必要で、ぎっくり腰になって、腰痛になるきっかけとなることが多い姿勢です。腰痛になる人は、普段から姿勢が悪い場合が多いので、立っている時も猫背にならないように、注意すると腰痛を予防できます。座っている時にも、腰へ負担がかかっているので、背筋を伸ばして、正しい姿勢で座るようにします。運動不足や肥満も腰痛の原因となるため、適度な運動をして、健康的な体型を維持することも大切です。

硬めの寝具を使う

腰痛の人は、寝返りのしやすい、硬めの寝具を使うと、腰への負担を減らすことができます。柔らかい寝具だと、体が沈んで寝返りがしにくいだけでなく、背骨のカーブがくずれたり、腰に余計な負担をかけることになります。腰痛予防のためには、腹筋や背筋を鍛えることも効果的で、運動やエクササイズで筋肉をつけ、腰への負担を軽くできます。ウォーキングや腹式呼吸など、軽い運動でも効果があり、腹式呼吸はお腹をふくらませる筋肉を、鍛えることができます。高齢になると、骨がもろくなったり、軟骨がすり減ることで、腰痛になる場合があります。加齢で腰椎が変形すると、腰の筋肉にも痛みがおこります。骨粗しょう症などで骨がもろくなると、転んだだけで骨折するなどして、腰を痛める場合もあります。

基礎的な身体機能の疾患

医者

甲状腺は身体の基礎的な機能の維持に関わる部位で、原因となるヨードを含む海藻類の摂取量が多い方は定期的に検診を受けましょう。体温の異常やエネルギー不足、代謝不全が起こる甲状腺機能低下症は、ホルモン分泌に関わる疾患で専門的な治療が不可欠なものです。

もっと読む

がん治療の最新技術

病院

NK療法は、免疫療法と呼ばれるがん治療法の一種です。がん細胞に対する優れた攻撃能力を持つNK細胞と呼ばれる細胞を利用します。NK細胞はもともと人体に備わっていますが、NK療法ではこれを培養・投与し、一層の攻撃力強化を図ります。

もっと読む